ブラックでもクレカ欲しい人へ

ブラックは一生続くわけではない

個人信用情報にキズがあるブラックは、クレジットカードを作るのが困難になります。
ブラック情報があるだけで、審査ではじかれてしまうクレジットカードも少なくはありません。
ブラックでもクレジットカードを発行するのは、カンタンなことではないのです。

ブラックとなる行為

・支払いの遅延や延滞
短期間の遅延などであれば、ブラックとなることはありません。
引落口座に残高が足りなくうっかり支払いが遅れても、すぐにい支払いをすれば良いでしょう。
しかし2か月以上の遅延、3か月以上の延滞を起こすと、個人信用情報に記録がされてしまいます。
クレジットカードだけでなくキャッシング、各種ローン、携帯電話料金、奨学金などの支払いが、ブラックになる対象となります。

・債務整理や自己破産
支払いができなくなり法的手段を取ると、個人信用情報に記録が残ります。
近年話題の過払い金請求は、返済中の借金であると債務整理とみなされ、ブラックとなることがあります。
完済した分の過払い金請求は、ブラックにはなりません。

・強制解約
クレジットカードの使い方が悪く強制解約されると、個人信用情報に記録されてしまいます。
何度も滞納をするなど支払い状況に問題があったり、クレジットカードの現金化をするなど規約違反をすると、強制解約の対象となります。

以上のようなことに思い当たる方は、ブラックとなっています。
ブラックでも作れるクレジットカードでなければ、発行することはできないでしょう。
クレジットカード審査に落ちる場合は、審査がないデビットカードやプリペイドカードを、クレジットカードの代わりとして使うしかありません。

一番良いのは、ブラックにならないようにすることです。
支払いは遅れないようにし、計画的にクレジットカードやキャッシングを使えば、ブラックになることはないでしょう。
しかし「そんなのわかっているけれど、ブラックになってしまった」という方が多いのではないでしょうか。

一度ブラックになってしまうと、一生クレジットカードを作れないわけではありません。
個人信用情報にブラック情報が掲載されるのは、一定の期間だけとなります。
クレジットカードの審査の際に開示されることが多い個人信用情報機関のCICでは、延滞や債務整理などのブラック情報は5年間記録が残るとされています。
ブラックとなり5年を経過すれば、ブラックでもクレジットカードを発行できるチャンスがでてくるわけです。

自分はそもそもブラックなのか

自分は本当にブラックなのか?!と、確信を持てない人もいるでしょう。
クレジットカードの審査に落ちるので、多分ブラックなんだろう…と、アバウトに考えてるケースもあるようです。
しかし本当はブラックでなければ、クレジットカードの審査落ち原因は他にあることになります。
その原因を改めないと、クレジットカードはずっと作れないことになるでしょう。
ブラックでもOKのクレジットカードでも、審査に落ちる可能性も高いです。
また確実にブラックだけど、個人信用情報いはいつまでブラック情報が掲載されるのか、気になる方もいるでしょう。

自分はブラックなのか、いつまでブラックなのか、確認してみるのがおすすめです。
自分の個人信用情報を開示すれば、自分のブラック情報を確認することができます。
ブラック中であれば、ブラックでも発行できるクレジットカードを探すしかありません。
ブラックでなければ発行できるクレジットカードの選択肢が広がります。

個人信用情報機関はいくつかありますが、クレジットカード会社の多くが加盟しているのはCICです。
クレジットカードを発行したいなら、CICを開示してみましょう。

入金状況にて、クレジットカード会社への支払い状況を確認できます。
滞りなく支払いができてると「$」マークがつくか、空欄になっています。
一部しか入金されていない「P」、未入金となる「A」のマークが付いていると、ブラックとなっています。

お支払いの状況の「返済状況」欄に「異動」という表示があると、ブラックです。
異動発生日がありますので、確認をしておきましょう。

CICを開示し以上のような状況だと、ブラックということになります。
クレジットカードを発行するときは、ブラックでも審査通過できそうなものを選択しなければなりません。

まれに間違った情報が、個人信用情報に記録されることがあります。
ブラックになるような行為はしていないのに、クレジットカードの審査に落ちる…。
そんなときも個人信用情報を開示してみると良いでしょう。
もしかしたら身に覚えのないブラック情報が掲載されているかもしれません。

個人信用情報の開示は、CICサイトのから請求することができます。
インターネット、郵送、窓口などの開示方法がありますが、簡単なのはインターネットでしょう。
ただクレジットカードで手数料を支払わなければなりません。
クレジットカードを持っていないブラックは、手数料の支払いが難しくなりますね。
その場合は郵送で開示をしてみてください。

クレジットカードが作れるブラックとは

ブラックとはいいますが、ブラックにも種類があります。
ブラックの状況によっては、ブラックでもクレジットカードを発行できる可能性がでてきます。

・ブラック現在進行形の人
現在も延滞や滞納をしている人は、バリバリのブラックということになります。
ブラック情報は年数が経過すれば、個人信用情報から消えます。
しかし現在も滞納をしていると、個人信用情報にはずっと滞納のマークが付き続けます。
なのでずっとブラック状態が続くのです。
現在も滞納をしている人は、まず完済をめざすべきでしょう。

・解消済みのブラックの人
延滞や滞納をおこしたけれど、現在は完済している状態の人です。
個人信用情報の滞納のマークは、完済をした以降は付きません。
年月が経過すれば自然と追いやられていきますので、CICなら5年経過すればブラックではなくなります。
債務整理や自己破産も、その行為を行った時から年月が経過するこにより、個人信用情報からブラック情報は消えます。

ブラックでも発行できるクレジットカードはありますが、現在進行形のブラックはまず審査に落ちると考えて良いです。
ブラックでも発行できると言っても、滞納中といった人は即審査落ちになるでしょう。

ブラックでもクレジットカードを発行できるのは、解消済みのブラックということになります。
滞納を解消した日や債務整理をした日からある程度年月が経過しており、その後に個人信用情報に問題がなければ、ブラックでもクレジットカードを発行できる可能性が出てきます。

ブラックでもクレジットカードが発行できたという例はありますが、これはすべてブラックを解消している人たちになります。
現在進行形のブラックでもクレジットカードが発行できたといった例は、今のところありません。
クレジットカードが欲しければ、まずブラックを解消する必要があるのです。

ブラックを解消するには、滞納を解消する必要があります。
地道に返済していくのが良いですが、もう借金で首が回らない…というときは、法的な手段を取るしかないでしょう。
自己破産をすれば、現在進行形のブラックからは脱出することができます。
そうすればブラックでも、クレジットカードを発行できるチャンスが出てきます。
弁護士事務所などでは無料で相談できたりしますので、相談してみてください。
専門家の手を借りずに自己破産をすることもできますが、法的な知識が必要になりますし、面倒な手続きをしなければなりません。
専門家に任せた方が、早く解決できると思われます。

ブラック明けを待ちクレジットカードに申込む

ブラックになると、クレジットカードの審査に落ちやすくなります。
ブラックでも審査通過できるクレジットカードは少なく、申込は審査落ち覚悟でしなければなりません。

ブラックの情報は年月が経過すれば、個人信用情報から自動的に消えます。
クレジットカードを作るなら、ブラック情報が消える「ブラック明け」がおすすめです。
ブラック中であると、ブラックでも発行可能なクレジットカードを探す必要があります。
ブラックでもOKのクレジットカードは少なく、発行できるとはかぎりません。
ブラック明けとなれば、個人信用情報上では金融事故の情報はありません。
審査が甘いクレジットカードであれば、発行できる可能性が出てきます。
ブラック中に申込みをするよりも、ブラック明けの方が発行できるクレジットカードの選択肢は多くなるでしょう。

ただブラック明けとなっても、発行できるクレジットカードはそう多くはありません。
ブラックはクレジットカードが使えません。
ブラックの間は、クレヒスには何の記録もなく真っ白…ということになります。
ブラック明けの状態の個人信用情報は、何もない真っ白の状態です。
クレジットカードの審査で個人信用情報が開示されたときに個人信用情報に何の記録がないと、ブラックであったことが予測できるのです。
ブラック情報は消えていても、ブラックだったことはわかられてしまうんですね。
ブラックでも発行できるクレジットカードは少ないですから、ブラックの可能性があるということで審査に落とされることが多くなるのです。

ブラック明けとなったから、どんなクレジットカードでも作れる!とはならないんですね。

ブラック明けとなったら、クレヒスを積むことを考えましょう。
クレヒスを構築することにより、クレジットカードの審査通過率があがります。
おすすめなのは、審査が甘いクレジットカードを発行すること。
審査が甘いクレジットカードであれば、ブラック明けでクレヒスがなくても発行しやすいです。

また携帯電話料金の割賦契約を利用して、クレヒスを磨くのも良いでしょう。
携帯電話料金に携帯電話の端末料金が含まれていれば、割賦契約となりますので支払い状況が個人信用情報機関に記録されます。
携帯電話料金の支払いであれば、ブラックでもクレヒスを構築できやすいです。
ブラック明けにクレジットカードを発行するときのことを考えて、ブラック中から携帯電話料金の支払いでクレヒスをつけておくのもおすすめです。

ブラック明けにおすすめのくクレジットカード

ブラック明けの1枚としては、審査が甘いクレジットカードがおすすめです。
ブラック明けは、クレヒスがない状態。
クレヒスがない=ブラックだったという法則が成り立つため、クレジットカード審査には落ちやすくなります。
審査が甘いクレジットカードでないと、発行することが難しいのです。
それでもブラック中よりは、発行できる確率は高くなります。

ブラック明けにおすすめのクレジットカード

・消費者金融系のクレジットカード
ブラックでも発行できる可能性のある、審査の甘いクレジットカードです。
ブラックでもOKなら、ブラック明けがダメなはずありませんね。
ただ消費者金融系のクレジットカードは、審査が甘いというだけで他の魅力はあまりないのが難点です。
ポイントをためたり、保険が付帯したり…ということがないのです。
クレヒスを作るのにはおすすめではありますが、他のクレジットカードを発行できるなら無理に選ぶ必要はないでしょう。

・流通系のクレジットカード
流通系クレジットカードも、審査が甘いとされています。
ブラックでも発行できるほどではありませんが、ブラック明けでも視差には通りやすくなっています。
流通系クレジットカードは、年会費無料または低い、ポイントがたまりやすいなど、お得なものが多いです。
審査が甘いのでクレヒスも作りやすく、クレジットカードならではのお得も得られるので、おすすめ度は高いです。

ブラック明けの1枚として、おすすめのクレジットカードが楽天カードです。
楽天カードは高校生を除く18歳以上であれば、申込みをすることができます。
審査が非常に柔軟で、無職でも発行できるケースがあるのだとか。
ブラックでもOKというほどではありませんが、クレヒスがないブラック明けでも発行される可能性は高いでしょう。

楽天カードは100円に1ポイントの付与となります。
楽天カードの特別加盟店では100円に2ポイント〜3ポイント付与、楽天市場では100円に4ポイント付与となります。
還元率は1.0%〜4.0%になり、ポイントがたまりやすいクレジットカードでもあります。

楽天カードはブラックでも発行できるという情報もあるようです。
しかし機械での自動審査となり、個人信用情報にブラック情報があるとその時点ではじかれる可能性が高いです。
楽天カードの発行はブラック中よりも、ブラック明けを待ってからの方が良いでしょう。
女性には楽天カードPINKもおすすめです。