ブラックでも問題なし!作成できるクレジットカード(デビットカード)の特徴

■デビットカードの審査に注目しよう

ブラックでもクレジットカードを使いたい、という方は数多くいます。やはり決済方法としてのクレジットカードはかなり便利なのです。現金を持ち歩かなくても決済できるわけなので利便性はかなりのものです。

そこでブラックでもクレジットカードを利用したいという方に注目されているのが、デビットカード。
今回はデビットカードの審査についてお話します。なぜデビットカードはブラックでも取得できるクレジットカードとされているのでしょうか?

デビットカードは実はほとんど審査を行っていません。そもそもデビットカードは、口座と直結しているのです。カード決済を行なうときですが、そのまま銀行からお金を引き落とす、といったシステムになっています。ですから、カード会社が仮に結成しているわけではありません。クレジットカードの場合は、一旦カード会社が代わりに決済をしてくれます。そして後々利用者からお金を徴収する、といった流れになっているわけです。要はお金を貸しているのと同じような状態です。もちろん貸し倒れリスクがあるので、厳しい審査を行ってきます。

一方で、デビットカードに関しては貸し倒れリスクがないので安心して無審査で発行できる、といった特徴があるわけです。

■デビットカードの仕組み

ブラックでも利用できるクレジットカードとされているのがデビットカードです。そのデビットカードですが、どのような仕組みになっているのか、ということを先ずは理解しましょう。デビットカードはクレジットカードとほとんど機能は一緒ですが、全てが一緒なわけではありません。ですから、デビットカードとしての特徴と言うものも理解しておく必要があるのです。

デビットカードは、まずクレジットカードとほぼ同等の使い方ができます。有名なのがVISASデビットカードですが,VISAが使える店舗であれば、デビットカードもクレジットカードと同様に買い物ができます。

一方で、クレジットカードと異なっているのが使えるお金の額です。クレジットカードに関しては、口座にいくら入っていたとしても限度額いっぱいまでは利用できる設定となっています。しかし、デビットカードに関しては銀行残高以上に利用することはできません。

たとえば、クレジットカードの場合は、カードの引き落とし口座に50,000円しか入っていなかったとしても、50,000円を超える額の利用ができるケースもあります。一方で、デビットカードは、50,000円しか口座にお金が入っていなかった場合には50,000円が限度になるわけです。口座残高を確認した上で利用することをおすすめします。

■デビットカードは支払いに利用できないこともある

デビットカードは国際ブランドがついているので、クレジットカードとほぼ同様に利用できます。ブラックでもクレジットカードを発行したい、という場合にはデビットカードを選択する人が実際に多いわけです。

そこで注目してほしいのがデビットカードの使い方の特徴です。確かに、クレジットカードと同様の使い方ができることは事実なのですが、すべて同じように利用できるわけではありません。一部決済に利用できないものも確認されているのです。もちろんすべてのデビットカードでその使い方ができないというわけではないので、個別に確認することをおすすめします。

たとえば、ソニー銀行が発行しているSony Bank WALLETカードというデビットカードがあります。そのカードの場合ですが、高速料金やガソリンスタンド、プラバイダ料金やwifi料金に利用できない、といった特徴があるわけです。カードによって利用できない支払いがあることも確かなので、実際にはクレジットカードよりも使い勝手は良くない、と感じている方が少なくありません。その点を理解した上で、デビットカードを利用するかを判断しましょう。もちろんクレジットカードの審査に突破できない場合はデビットカードでもしかたありませんが、クレジットカードが作れる状態の時はクレジットカードを選択すべきです。

■デビットカードの国際ブランドが知りたい

クレジットカードで特に重要になってくるのが国際ブランドです。国際ブランドの種類によっては決済に利用できない、というケースも出てくるわけです。前もって、どのような国際ブランドがカードについているのか、ということを確かめなければなりません。そしてその国際ブランドの特徴を把握しておくことも重要なのです。

今回は、ブラックでも発行できるカードとして知られている、デビットカードの国際ブランドに迫ります。果たしてどのような特徴のあるブランドがついているのでしょうか。

デビットカードの国際ブランドですが、実はVISAです。VISAですが非常に有名な国際ブランドであることは間違いありません。実際に利用している、という方も多いのではありませんか。そのVISAですが、そもそもシェアでは世界でもトップと言ってよいほどです。加盟店もものすごく多いので、決済に利用できる場面も考えられないほど多くなっています。

国内利用はもちろんですが、海外利用も全く問題ない国際ブランドの王者と言ってもよいほどです。

そんなVISAがついているのですから、デビットカードは文句なし、といっても良いでしょう。せっかくカードを取得したとしても利用できるところがほとんどなければ意味がありませんよね。VISAだからこそデビットカードには価値があるわけです。

デビットカードはポイントがたまりにくい

デビットカードはクレジットカードほど、日本では普及をしていません。
審査がなくブラックでも発行できますし、クレジットカードのように使うことができます。
それならデビットカードは、もっと使う人が多くても良いのではないかと思われます。

デビットカードがあまり普及しないのは、クレジットカードの方がお得だからという理由があります。
クレジットカードは利用をすると、ポイントをもらうことが出来ます。
低くても0.5%程度、高ければ1.5%程度のポイントが還元されます。
使えばつかうほどポイントがたまるので、お得なのです。

デビットカードはポイントがたまらないものもあります。
ポイントがたまるとしても、0.5%どまりとなっているものがほとんどです。
どちらがお得かというと、クレジットカードの方がお得度が高いのです。
利用者は賢いですから、少しでもお得な方を発行したいと思うものです。
ブラックでも発行できるとしても、クレジットカードの方が魅力的に感じてしまうでしょう。

ポイントを貯めたいなら、ブラックでもクレジットカードの方がお得ということになります。
ただブラックでも発行できるクレジットカードは、あまりありません。
ブラックが取得をしようとしても、簡単には行きません。
やはりブラックには、デビットカードの方がおすすめ…となってしまいます。

ブラックでもクレジットカードでポイントをためたい。
そんな方のために、ポイント還元率が高いデビットカードを紹介します。

・楽天銀行デビットカードJCB
楽天銀行デビットカードJCBは、100円の利用ごとに1ポイントが獲得できます。
ポイント還元率は1.0%となり、楽天カードと同じ数字です。
楽天カードは審査に落ちても、楽天銀行デビットカードならブラックでも発行可能です。
ポイントもしっかり貯められるのでおすすめです。
年会費が無料なのも嬉しいですね、

楽天銀行のデビットカードはVISAもあります。
ポイントをためたいなら、JCBブランドの方がおすすめです。
VISAブランドになると、ポイントは1,000円の利用ごとに2ポイントの付与となります。
還元率は0.2%となり、還元率はかなり低くなってしまいます。
しかも年会費が1,029円(税込)となりますので、維持費が必要になってしまうデメリットもあります。

楽天銀行デビットカードは、VISAよりJCBの方がお得です。
国際ブランドにこだわりがなければ、JCBを選びましょう。

デビットカードはクレヒスが作れない

クレジットカード審査に通るために、必要となるのが良いクレヒスです。
クレジットカードやローンを利用すると、個人信用情報に記録が残ります。
申込み、契約、利用、支払い、解約など、すべてが記録されています。
支払いが遅れていたり、強制解約があったり、債務整理や自己破産などの記録があると、良くないクレヒスとなります。
ブラックとなりますので、クレジットカードを作るのは非常に難しくなるでしょう。
ブラックでも発行可能なクレジットカードもありますが、カンタンには取得ができません。

逆にコンスタントに利用をしてきちんと支払いとしていれば、良いクレヒスとなります。
クレジットカード審査に通りやすくなります。
ブラックでも将来クレジットカードを発行するために、クレヒスを磨いておきたいところです。

ブラックはデビットカードで良いクレヒスを作れば良い…と思うかもしれませんが、実はそれはできません。
デビットカードを利用しても、個人信用情報に記録がされないためです。
デビットカードは利用した時点で、口座から支払いが行われます。
後から支払いをするものではありませんので、個人信用情報への記録対象ではないのです。
デビットカードをいくら使っても、良いクレヒスを作ることはできません。

デビットカードはブラックでも発行でき、クレジットカードのように使うことができます。
デビットカードがあれば、クレジットカードはなくても良い…と感じる方もいるかもしれません。
しかし今後クレジットカードを、絶対に作らないとは限らないでしょう。
どうしてもクレジットカードが必要になることがあるかもしれません。
またクレヒスは、住宅ローンや自動車ローンなどの審査にも影響を与えます。
クレヒスがないために、家を建てられない、マイカーが購入できない…といった事態も起こり得るのです。
なので将来のためにも良いクレヒスは、作っておいた方が良いでしょう。

ブラックでも作れるクレジットカードは少ないので、デビットカードしか作れないとしても、クレジットカードを作ることは考えておいた方が良いです。
ブラックの情報は一定の期間が過ぎれば、個人信用情報機関から自動的に消えます。
ブラック情報がなくなれば、クレジットカードを発行できる可能性が大きくなるでしょう。
審査が甘いクレジットカードなら、取得できるかもしれません。
デビットカードで不自由をしていなくても、クレヒスを作るためにクレジットカードの取得を目指すのがおすすめです。

ETCカードや家族カードの発行はできない

デビットカードとクレジットカードの違いとなるのが、追加カードの発行に関してです。
クレジットカードは家族カードやETCカードなど、追加で発行することができます。
しかしデビットカードは、そういったサービスはないのです。

デビットカードでETCカードを発行したいという声は多いです。
ETCカードはクレジットカードで追加発行をします。
しかしブラックでも発行できるクレジットカードは、ほとんどありません。
デビットカードはブラックでも発行できます。
デビットカードでETCカードが発行できれば、ブラックでもETCカードの発行が可能ということになります。

ETCカードがデビットカードで発行できないのは、デビットカードは利用した瞬間に決済が行われるためです。
ETCカードは料金所を通過しても、どこで高速を降りるかがわかりません。
決済口座の残高より、高速道路料金の方が高額になってしまう可能性もあります。
これではデビットカードは、決済ができません。
利用金額が現時点で決まっていないETC料金は、デビットカードでの決済は不可能なのです。
ブラックでもETCカードを発行したい…という方には、残念な結果ですね。

デビットカードは家族カードの発行もできません。
クレジットカードの場合家族カードは、ほとんど審査がありません。
本カード会員にブラック情報がなく問題なければ、家族カードは誰でも発行できます。
ブラックでも家族カードなら、発行が可能です。
ところがデビットカードは、家族カードの発行がないのです。

ただ家族カードが発行可能なデビットカードもあります。
スルガ銀行デビットカードは、中学生を除く15歳以上で本カード会員と同一生計であれば家族カードの発行が3枚までできます。
入会時に500円(税別)が必要になりますが、年会費は無料です。
本カード会員がブラックでも、家族がブラックでも、申込みをすれば発行が可能です。
スルガ銀行には支店がいくつかありますが、支店により家族カードの発行ができない場合もあります。
ANA支店、リクルート支店、Tポイント支店、OCN支店などは、家族カードが発行できませんので注意をしてください。

ただデビットカードでは、家族カードはそれほど必要性はないでしょう。
ブラックでも発行できますし、デビットカードが必要であれば、それぞれで発行すれば良いです。
クレジットカードならブラックで自力発行ができないので家族カードを発行してもらう…ということもありますが、デビットカードならその必要はありません。