ブラックにおすすめのデビットカードについて

ブラックにはデビットカードがおすすめ

延滞、滞納、債務整理、自己破産などの金融事故を起こした人を、ブラックと呼びます。
ブラックか否かは、個人信用情報を見ればわかります。
多くのクレジットカードでは審査で個人信用情報を開示したときにブラックの情報が掲載されていると、その時点で審査に落とされてしまいます。
ブラックはクレジットカードの新規発行が、非常に難しくなってしまうのです。

ブラックの間はクレジットカードを使わなければ良いのですが、そうもいかない現状があるでしょう。
現代はクレジットカードは、誰でも持っていて当たり前の時代です。
ブラックでもクレジットカードが欲しい…と思うことはあるはずです。

ブラックでもクレジットカードが欲しい、でも審査に落ちてしまう…。
そんなときにおすすめとなるのが、デビットカードです。
デビットカードは正式にはクレジットカードではありませんが、クレジットカードのように使うことができます。
VISAやJCBといった国際ブランドも付帯していますので、国内外でのショッピングが可能です。
見た目もほとんどクレジットカードとは変わりません。
クレジットカードやデビットカードに詳しくない一般の人なら、どちらなのかを見分けられらないと思われます。
ブラックでもデビットカードを発行すれば、クレジットカードがない生活から脱却できることになるのです。

デビットカードがブラックでも発行できるのは、審査がないためです。
クレジットカードは、どんな場合でも必ず審査が行われます。
申込みをしても審査落ちしてしまう…というケースも、珍しくはありません。
ブラックならほぼ審査に落ちてしまうでしょう。
デビットカードは審査がないので、申込みをすれば誰でも発行してもらえます。
15歳以上の高校生でありデビットカードを発行する銀行に口座を開設できれば、ブラックでも発行することができるのです。

ブラックでも発行ができるクレジットカードは、1枚もないわけではありません。
探せばあるのですが、必ず審査に通るとは限りません。
ブラックでも発行できるクレジットカードでも、審査に落ちてしまう可能性は高いでしょう。
どのクレジットカードに申込みをしても審査に落とされてしまう…。
そのようなときは、デビットカードに申込みをしてみましょう。
デビットカードなら「審査に落ちるのでは?!」という不安なしで、発行することができるので気分的にもラクです。
ブラックでもクレジットカードライフを送ることができるでしょう。

デビットカードが審査なしの理由

デビットカードがブラックでも発行できるのは、審査がないためです。
審査があるのがクレジットカード、審査がないのがデビットカードということになります。

審査があるかないかは、支払いの方法に要因があります。
会員がクレジットカードを使うと、いったんお店にクレジットカード会社が会員の利用分を支払いをしてくれます。
クレジットカード会社が立て替えた分を、後日会員が返済をすることになります。
このときにお金がないと、返済をすることができません。
返済をしてくれないとクレジットカード会社は、立て替えた分を損してしまうことになります。
損失を避けるためには、審査をして十分な返済能力があるかを判断しなければなりません。
ブラックになっているのは支払いをきちんとしていないわけですから、ブラックは審査に落とされることになるのです。

デビットカードは会員が利用をすると、その時点で会員の口座からお金が引落されます。
会員はデビットカードで支払っているというより、銀行口座から直接代金を支払っていると言った方が良いでしょう。
デビットカードの発行元がいったん立て替えをすることはありませんから、後日返済をしてもらう必要はありません。
デビットカードを使う人に返済能力がなくてもブラックでも、発行元が損をすることはないのです。
そのため審査がなく、ブラックでも発行することができるのです。

クレジットカードが発行できないブラックのほか、デビットカードなら高校生でも発行することができます。
インターネット決済や海外旅行や海外留学の時に、クレジットカードがないと不便です。
高校生はまだクレジットカードが発行できませんから、デビットカードを発行するのがおすすめとなるでしょう。
クレジットカードが発行できない人にとっては、審査がないデビットカードはありがたい存在ですね。

ほとんどのデビットカードは審査なしで申込みをすれば、ブラックにもすんなりと発行されます。
ただ一部のデビットカードでは、審査がある場合がありますので注意をしてください。
たとえばイオンカードのデビットカードは、口座に残高が足りない場合貸付をしてくれる制度があります。
貸付となると後日返済をしなければなりませんから、発行するには返済能力が必要です。
そのためデビットカードながら審査がありますので、ブラックでも発行できる…とはならないでしょう。
ブラックはこういったデビットカードは、避けるのが賢明です。

デビットカードはムダ使いを防止できる

ブラックでも発行できるデビットカードのメリットとなるのが、ムダ使いを防止できるという点です。

クレジットカードは、現金を持っていなくても買い物をすることができます。
支払い時に返済できれば良いので、今1万円しか持っていなくても10万円の買い物もできてしまいます。
計画的に使える人なら良いのですが、「クレジットカードがあるからいいや」と、お金もないのにどんどん買い物をしてしまうことがあります。
結果どうなるかというと、支払いができなくなりブラックになってしまうでしょう。
計画性のない人には、クレジットカードは危険なものとも言えます。
ブラックでも発行できるクレジットカードを使いすぎ、またブラックになってしまった…なんて可能性も出てきてしまいます。

デビットカードは利用をした時点で、決済用の口座から代金が引落となります。
口座にある金額までしか使うことはできませんので、身の丈以上の買い物をすることはできません。
ブラックとなった人はクレジットカードやローンの返済ができなくなり、滞納や自己破産を起こしている人です。
自分の返済能力を超えた利用をしてしまい、ブラックとなったわけですね。
デビットカードなら再び支払いができなくなることはありませんので、ブラックでも安心して利用することができるでしょう。
ブラック経験者にはクレジットカードより、デビットカードの方が向いていると言えるかもしれません。

口座に今ある金額しか利用できないので、意図的にデビットカードを使う人もいるようです。
クレジットカードを持つとどうしてもムダ使いが多くなり、出費が多くなってしまう。
デビットカードならお金がないと使えないのですから、無駄な買い物を防止することができるのです。

ただ口座にはいつも残高がない…という人は、デビットカードを持ってもほぼ使えないことになってしまいます。
ブラックでもクレジットカードを使いたいと発行したのに、残高がないとクレジットカードがない生活とほぼかわならないとなってしまうのです。

また他に使う予定がある口座のお金を、デビットカードで使ってしまう…という危険性もあります。
そうなるとお金に困ってしまうことになりますね。
デビットカードを使ってしまったばかりに、借金をしなければならなくなるという可能性もでてきます。
借金が支払えなくなるとまたブラックになってしまいますので、注意をしてください。
デビットカードの決済口座はデビットカード専用にして、他に回すお金は他の口座で管理をするのもおすすめです。

デビットカードは使えないところもある

デビットカードはクレジットカードと同じように使うことができます。
VISAならVISAの加盟店で、JCBならJCBの加盟店で、クレジットカードのように支払いができます。
発行時に審査がないためブラックでも発行できないことはなく、クレジットカード審査に落ちるブラックにとってはありがたい存在です。

しかしクレジットカードが使えるところでも、デビットカードは使えないこともあります。
デビットカードで支払おうとしたら使えなかった!なんてこともあるのです。
現金の持ち合わせがあれば良いですが、なければ支払いができずにあせってしまいますね。
万が一のためにデビットカードの他に、現金も持ち歩いていた方が良いかもしれません。

デビットカードが使えない場所に、ガソリンスタンドがあります。
ガソリンスタンドでは自社でクレジットカードを発行していたり、クレジットカードが使えて当たり前となっています。
しかしデビットカードは、使えないことがほとんどなのです。

またETC料金の支払いも、デビットカードは断られると思って良いです。
ブラックでも車を運転する方は多いかと思いますが、ガソリンもETC料金も支払えないとなると不便に感じてしまいますね。

なぜデビットカードが使えないかというと、決済の方法がクレジットカードと異なるためです。
ガソリンスタンドでは給油の前に、デビットカードを通します。
この時点では何リットル給油し、合計がいくらになるかわかりません。
合計金額によっては、決済口座の残高以上になってしまう可能性があります。
確実に利用金額が引き落とせないとなると、デビットカードでの決済は無理となってしまうのです。

またデビットカードは、公共料金やプロバイダなど毎月発生する支払いにも使用することはできません。
こちらも支払い金額が、いくらになるか予測ができないためです。
今月分の請求が7,000円なのに、残高が5,000円しかないことも考えられるので、デビットカードは使えないとなります。

そのほか保険料金の支払い、タクシー、飛行機の機内販売、携帯電話料金なども、使えないことがあります。
一般店舗でも一部利用不可能なこともありますので、注意をしてください。

デビットカードはブラックでも発行でき便利ですが、クレジットカードと全く同じように使うことはできないことになります。
事前にデビットカードが使えないのはどこなのか、確認しておくと良いでしょう。

デビットカードはリボ払いや分割払いはできない

クレジットカードは分割払い、リボ払いなどの支払い方法を選択することができます。
しかしデビットカードは、支払い方法を選択することはできません。
すべて一括払いとなりますので、大きな金額のものを購入するのは厳しいでしょう。
ブラックでもクレジットカードのように使うことができますが、分割払いやリボ払いができないことを不便と感じてしまうことも多いでようです。

分割払いとは、回数を指定して支払う方法です。
10万円と10回払いでと指定すれば、月に1万円+分割手数料を支払っていきます。
リボ払いは、支払う金額を指定する方法です。
月に1万円+リボ手数料を支払う設定にしていれば、10万円使ったら10回で支払うことになります。
分割払いとリボ払いを混同している人が多いのですが、実は全然違うものなのです。
分割払いは回数指定、リボ払いは金額指定と覚えておくと良いでしょう。

分割払いやリボ払いができると、毎月負担のない支払いができます。
10万円を1回で支払うのは大変でも、毎月1万円ずつ10回でなら支払うことが出来るでしょう。
クレジットカードは、こういった使い方ができるので非常に便利です。
デビットカードは、瞬時に利用金額が口座より引落となります。
今月分は口座に十分な残高があっても、来月以降も同じ…とは限りません。
来月はデビットカードの分割支払い分の残高がないことも考えられるでしょう。
そのためデビットカードでは、分割払いやリボ払いをすることが出来ないのです。
口座残高があれば高額なものを購入することもできますが、それでは生活費が足りなくなってしまうこともあります。
デビットカードは、高額なものの購入には向かないと言えるでしょう。

ブラックでも金額が高いものが欲しいときはあるかと思います。
しかしデビットカードは使えないので、その分の現金を貯めないとならないことになります。
どうしても分割やリボで支払いたいとなると、クレジットカードを持たないとならないでしょう。
ブラックでも発行できるクレジットカードを探し、取得を目指すしかありません。

ただ分割やリボでも欲しい!と思っているものが、よく考えるとそれほど必要でなはないものであることもあります。
デビットカードはすぐには購入できませんから、今一度本当に必要なものなのかを再考する時間があることになります。
もし必要ないとなれば、デビットカードのおかげでムダ使いをしなくても済んだことになるでしょう。